まちの車屋 店長のブログ

毎日の整備・修理などの作業事例や車屋の日常などをメインに発信してます。

エルグランド オートマオイル交換

エルグランドのCVTF(オートマオイル)とギヤオイル交換のご依頼。
 
同時にトランスファオイルとデフオイルの交換、パワーエアコンも施工させていただきました。
 
早速作業に取り掛かりますが一つ手違いが…
 
どうも入荷済みの部品の形状が違う様な…
 
PNE52のエルグランドですが、部品屋はTNE52と聞き間違えたみたいで😱
 
さらにPNE52だとフィルターの単品供給の設定が無いとの事。
 
幸い、トルコン太郎アタッチメントでお世話になっている会社では購入可能で、即発送していただけたので翌日には作業を開始する事が出来ました。
 
 
それにしてもメーカーのPCで車台番号などの車両データ等でエラー出なかったんでしょうかね?
 
 
という事でなんとか作業に取り掛かることが出来ました。
 
 
走行距離は53,000km弱ですがオイルパンを取り外すとこれだけの鉄粉が溜まっています。
 
2ヶ月ほど前に下抜きでCVTFを交換しているようですが、オイルパンの底の汚れは取り外さないと除去出来ません。
 
 
パーツクリーナーでキレイに洗浄しました。
 
 
フィルターも送ってもらった新しい物に取り替え。
 
オイルパンを取り付けて抜けた分のCVTFを補充します。
 
全容量は約10.5L。ここまでの作業でも約半分の5.5Lしか抜けません。
 
下抜き補充の交換方法では半分の量も交換できず、内部に残った汚れたCVTFと新しいCVTFが混ざって薄まっただけの状態です。
 
 
ただ半分とはいえ最近交換したばかりのようなので、内部CVTFは補充時点でだいぶ透明感が出ました。
 
ここからトルコン太郎で圧送交換開始します。
 
 
1回目の圧送交換後。10.5Lほぼ全量入れ替わりました。
 
新しいCVTFの洗浄力を使ってクリーニングモードへ。
 
落ちた汚れはトルコン太郎のフィルターでキャッチします。
 
 
仕上げ、2回目の圧送交換後。
 
使用CVTFはワコーズセーフティスペックです。
 
完全にキレイなCVTFに入れ替わりました。
 
最終仕上げにSOD-1(添加剤)を注入。
 
 
 
続いてギヤオイルの交換です。
 
 
トランスファ
 
 
リヤデフ
 
 
どちらも鉄粉がフィルター付着していました。
 
 
キレイに洗浄して新しいギヤオイルに入れ替わりました。
 
今回使用のワコーズ製オイル
 
 
 
最後にパワーエアコンを施工して全ての作業が終了。
 
 
部品のトラブルはありましたが当初の予定通りに作業が終わって一安心。😅