まちの車屋 店長のブログ

毎日の整備・修理などの作業事例や車屋の日常などをメインに発信してます。

ノア ブレーキパイプからのオイル漏れ修理

ブレーキパイプの腐食によるブレーキオイル漏れの修理を他店に依頼したところ、状況的に修理が困難だという事での修理のご依頼電話。
 
修理ができるかは見てみないと分からないのでご来店いただきました。
 
右後ろのブレーキパイプが腐食して漏れています。
 
パイプを交換すれば漏れは直るのですが…
 
燃料タンクの取付ボルトが錆で固着してしまっています。
 
実は他店でこのボルトを外そうとした際に頭がなめてしまいました。
 
無理に外せば折れるし、ガソリンタンクなので火で炙ってゆるめるわけにもいかず…
 
燃料タンクが取り外せないという事で修理不可となったようです。
 
ブレーキパイプはエンジンルームから燃料タンクの上を通ってくる1本物なので、タンクの取外しは必須です。
 
という事でタンクを外さずにパイプをカットして不具合箇所だけを交換する方法で修理します。
 
腐食していない、作業しやすい箇所をカット。
 
新しいパイプも同じ所でカットして繋ぎ合わせます。
 
左側もオイル漏れは無いものの腐食が進んでいるので同じ方法でパイプを交換。
 
手前のブレーキホースも交換しました。
 
ブレーキラインのエアー抜き作業をしてジョイント部からの漏れがない事を確認して作業完了。
 
仕上げに錆止めを吹き付けたら修理完了です。
 
結果的にタンクを外さないので修理費用も抑える事もできました。
 
 
 
ブレーキパイプの交換作業はこの方法で修理する事が多いです。