本日 192 人 - 昨日 654 人 - 累計 569988 人

レガシィ マフラー交換とブレーキ修理

レガシィのマフラーの交換とブレーキの錆の研磨作業です。

まずはマフラーから。

IMG_3448

応急処置でアルミテープにて補修してありますが上の方から排気漏れがあります。

溶接修理は不可能な状態だったので取替となります。

事前にリサイクルパーツを手配しておきました。

IMG_3452

交換するマフラーには錆予防で耐熱スプレーを吹き付け。

IMG_3509

交換完了。見た目は新品のようになりました。

続いてブレーキに。

IMG_0882

前後4輪のディスクローターの錆を研磨します。

IMG_3443

ローターの裏側も錆が広がってますね。

この状態では制動力も不足してしまいます。

IMG_3446

研磨機で1枚ずつ錆を削ります。

ディスクローターの錆が無くなるとともにディスクパッドと接する面も平らになるのでブレーキの踏み心地も良くなりますよ。

IMG_0883

ディスクパッドも一緒に新品に交換しました。

そしてブレーキ修理の際に別の不具合を1ヶ所発見!

IMG_0894

左のドライブシャフト(タイヤを動かす棒)の内側のブーツが切れていました。

ブーツが切れることで内部のグリースが飛び散って、マフラーがグリースだらけに。絵文字

高温になるマフラーが油まみれ・・・滅多に無いとは思いますが車両火災を引き起こしてしまう可能性もあります。

IMG_3511

グリースを補充して新しいブーツに取り替えました。

飛び散ったグリースも温水スチームでキレイに洗浄。

これで安心して乗れますね!