本日 457 人 - 昨日 694 人 - 累計 446814 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00446814 人
    本日: 0457 人
    昨日: 0694人
RSS

スバルR2 オートマオイル交換

県内各地からオートマオイル交換のご依頼をいただいております。

今回は胎内市から。遠いところありがとうございます絵文字

F8D613E0-231B-4148-9F36-BA6FB77F0C04

トルコン太郎で圧送交換です。

どの車種でも作業前にサービスデータをチェックして作業行程を確認してから作業します。

がっ、サービスデータ通りのところにフルードのレベルゲージがありません!

どこをどう見ても無い! 結局ゲージレスの車両でした…絵文字

ちょうど切り替わりに年式だったみたいです。

78AB4CE3-3CB2-48F3-92A1-49E3B1EDA2CE

という事で圧送交換スタートです。

クリーナーモニター内のCVTF(オートマオイル)は真っ黒。

ミッション内容量5Lを入れ替えします。

937C9A05-C1E9-4C30-9B6D-63FFF5256C17

1回目の交換が終了。

クリーナーモニター内のフルードに透明感が出てきました。

このままクリーニングモードで約30分間トルコン太郎内のフィルターに循環させて内部のゴミをキャッチ。

2回目の交換で仕上げとなります。

84DD0C26-2BFC-4EED-8F31-E03E47184924

新しいフルードと変わらないほどキレイなフルードに入れ替わりました。

今回の仕上げにはワコーズの最高峰フルード「CVTFプレミアムスペック」をチョイス。

走りが全然違いますよ〜。

71163BBE-8AB5-4942-BB09-538BAFF5A836

最後にフルード量の調整。

レベルゲージが無いのでフィラープラグからの調整になります。

フルードが溢れなくなったら調整完了です。

オートマオイルもエンジンオイル同様定期的な交換が必要ですよ〜!