本日 299 人 - 昨日 599 人 - 累計 422267 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00422267 人
    本日: 0299 人
    昨日: 0599人
RSS

エスティマ オートマオイル換

二日連続でエスティマのCVTF(オートマオイル)交換のご依頼をいただきました。

03A8DDB6-5C2C-427D-8B33-B27E88854057

どちらもオイルパンの脱着洗浄とストレーナー交換有りの同じ作業でした。

今回は1台目の作業をご紹介。走行距離は10万kmです。

AB94359C-084F-4E5D-BC25-762EB0DF5A58

試運転とコンタミチェック(CVTF内の鉄粉量測定)で安全にオイルができる事を確認したら作業開始。

まずはCVTFを抜き取ります。

画像

オイルパンの底に設置してある鉄粉吸着用マグネットは真っ黒!

鉄粉がこんもり付着しています。

50A96002-89A5-44A6-9F4B-04A9B470BFD2

マグネットをウエスで拭くとこんなに真っ黒に。

CVTF交換だけでは取りきれない汚れです。

6BDF3CBB-0095-4D1F-89A2-440BB5B29D3F

内部もパーツクリーナーできれいに洗浄した後、新しいストレーナー(フィルター)を取り付け。

59D52936-6B34-4D15-8328-B0B5893DE363

オイルパン&マグネットもパーツクリーナーでキレイに洗浄して元に戻します。

4D84E5FD-E6FB-4948-A46C-153FD8EFFD8A

最初に抜いた分のCVTF 5Lを補充してトルコン太郎を接続したところ。

ちなみにこのエスティマのオートマオイルの量は約8.5Lです。

構造上オイルパンを外しても全量は抜けないんですよね。

右のレンズは補充後のオートマ内部のCVTF、ビンの中が最初に抜いたCVTFです。

この状態がトルコン太郎を使用しないでオートマオイルを交換した状態です。

オイルパンを洗浄してもこの程度です。

ここからトルコン太郎で全量交換します。

9F4DD40F-88A2-44C2-9AF8-C33AAC7781B3

1回目の圧送交換後。内部のCVTFを抜きながら新しいCVTFを送り込みます。

人工透析みたいな事ですね。9LのCVTFを使います。

だいぶ透明感が出て来ました。

このまま約30分ほどクリーニングモードへ。

トルコン太郎内部のフィルターを循環させ汚れを除去します。

画像

仕上げの圧送交換後の状態。

左が新しいCVTF、右がオートマ内部のCVTFです。もうほぼ同じ色ですね。

真ん中の交換前のCVTFとは雲泥の差です。

2028ED7E-2B17-49A6-A1D7-3E5568FA978F

洗浄用にはアイシン製のCFB+、仕上げ用にはワコーズ製のセーフティースペックを使用しました。

A41E764E-93CC-4469-8444-214F1E58EB6C

最後にCVTFの量を調整。

70°C位までの高温になったCVTFを30°Cほどまで下げて油量を調整するので、温度を下げるだけで相当時間が掛かります。

今回は時間短縮のためスポットクーラーで冷却して約2時間ほどでした。

試運転で最終チェックをして作業完了です。

ご用命ありがとうございました。