本日 40 人 - 昨日 623 人 - 累計 445040 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00445040 人
    本日: 0040 人
    昨日: 0623人
RSS

インプレッサ オートマオイル交換

19万km走行のインプレッサのATF(オートマオイル交換)のご依頼。

10万km位でオートマの不具合でミッションの載せ換え歴があるので、実質約9万km走行している状態ですね。

まずはATF交換前に試運転をしてみると2速から3速のシフトアップで滑りがあります。

A15D4CB2-A4E6-41AF-A29E-DBA5BC415D57

コンタミチェックで内部摩耗量をチェックすると、あっという間にフィルターが詰まってしまいます。

E94BFE8C-59A3-4D40-B668-DF461ABBF4A1

右がチェック後のATFを通したフィルター。鉄粉で真っ黒です。

これは交換不可状態です。

ATFを交換しても改善はしない、もしくは隠れていた異常が表面化して走行不能になる可能性も絵文字

以上の事を説明させていただき「ダメになったら載せ替えるから」という事で、ダメ元で作業を進める事になりました。



交換前はこんな状態。汚れも酷いし鉄粉も浮遊しています。

E0C4A48E-0AEF-4A0C-9C64-6026615CBAC7

当然オイルパンも真っ黒で鉄粉キャッチ用マグネットもこれ以上吸着できないほどの鉄粉が…

画像

キレイに洗浄して組み付け。

68BDE5EB-E527-4D6B-87AF-AF6B9CD06DD3

オイルクーラーもパーツクリーナーで洗浄してトルコン太郎でATF圧送交換&内部洗浄します。

3E0370D3-2DD9-4D80-99A3-272AA0975BE2

最初の濁っていたATFもほぼ新しいATFのキレイな赤になりました。

内部保護と洗浄、詰まり抑制のため添加剤も注入。

作業終了です。

走り自体は良くなったようですが2速から3速切り替わり時の滑りは残ってますね…

新しいATFと添加剤の効果で今後改善してくれれば良いのですが。。。

やっぱりオートマオイルも定期的な交換は必要ですね。