本日 255 人 - 昨日 593 人 - 累計 237424 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00237424 人
    本日: 0255 人
    昨日: 0593人
RSS

アトラストラック エンジン不調修理

エンジンが掛からなくなったとお事で入庫のアトラス。

当店までは牽引にて運んで来たんですが、診断するまで数時間放置していたらすんなり掛かっちゃいました…絵文字

それでもエンジンチェックランプは点いてるのでスキャンツールでコンピューター診断。

104AFC24-F5DB-4D02-A3C9-831937AB89A2

カムシャフトポジションセンサー系の異常を検出しましたが、この車には付いていない。

4D83234D-AD71-4391-981C-5F752EE53712

最近はあまり見ないデスビ仕様の車でした〜。

その辺は専門的な話になるので省略します。。。

F9212AB5-BA84-4E8A-9AA0-189AFFFD9D9D

デスビキャップの真ん中の電極もデスビローターも擦り減ってしまってます。

カムポジションセンサー異常を示しているので結局はデスビ本体も交換が必要なんですけどね。

という事でディストリビューター本体交換、リビルト品(再生部品)で対応しました。

こういう電装品は中古品よりもリビルト品をオススメしています。

50F8B6F8-FAB3-4587-8037-E868485317CC

最後にタイミングライトを使って点火時期の調整。

これをしないとエンジンの回転が安定しません。

最近の車には無い修理内容なので久〜しぶりにこの工具使いました。

エラーコードの消去後、試運転等を実施してエンジンが止まらない事を確認して引き渡しとなりました。