本日 175 人 - 昨日 744 人 - 累計 400943 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00400943 人
    本日: 0175 人
    昨日: 0744人
RSS

ヴェルファイア CVTF交換

トヨタヴェルファイアANH25WのCVTF(オートマオイル)の交換。

同時に前後ディスクパッドの交換とエンジン冷却水も交換しました。

ディスクパッドはお客様ご指定メーカーの社外部品を取り寄せ。

ブレーキと冷却水交換は写真を撮り忘れました...絵文字

という事でオートマオイル交換の作業紹介のみとなります。

IMG_0116

この車両はミッション本体にオイルクーラーが付いているタイプでしたが、オイルクーラーにホースが接続されていたのでアタッチメントは不要。

すんなりとトルコン太郎が接続可能です。

IMG_2065

走行距離は約5万km。

CVTは汚れやすいですね。モニター内部のフィルターも見えないほど汚れています。

奥のレンズは新しいCVTFです。

画像

1回目の入れ替えでフィルターが透けて見えるほどになりました。

ここで10分間のクリーニングモードに。。。さらに約5分間オイルをフィルターにくぐらせます。

IMG_2073

2回目の入れ替え中(仕上げ)。右のレンズはミッションから抜いているオイル。

ひだりのレンズが注入中の新しいオイルです。

IMG_2075

モニター内のフィルターがクッキリ見えるようになりました。

IMG_2076

左が新しいオイル、右がミッション内部のオイルです。

もともと入っているオイルの色が赤いのでクリア色の新しいオイルを入れても若干色が残ってしまいますが、CVTFの圧送完全入れ替え完了です。

IMG_2077

トヨタのCVT車はオイルの量をチェックするレベルゲージが付いていないので、指定油温でオイルをオーバーフロー(溢れさせる)事で油量を調整します。

オイルが垂れなくなったら調整完了となります。


きちんとオイルの量を調整しないと故障の原因にもなるりますよ!

オートマオイルの交換は、抜いた分だけ入れればイイわけじゃなく指定された条件でのオイル量チェックが必要となります。