本日 24 人 - 昨日 557 人 - 累計 99349 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00099349 人
    本日: 00024 人
    昨日: 00557 人
RSS

スズキ ラパン エアコン修理

エアコンが全く効かないとの事で修理のご依頼。

温かい風しか出てきません…

E21F3E0A-1ED7-4BE4-9AA9-F6CE9E232ECE

エンジンルーム内をチェックしてみると、エアコンコンプレッサーのベルトが付いていません。
走行中に切れてどこかに落として来てしまったようですね。

これではエアコンは効きません。絵文字

コンプレッサーを点検してみると、焼き付いてプーリーの動きが重い状態。ベルトの切れの原因はコレですね!

さらにチェックを進めるとエアコンガスも全く入っていない状態。

エアコンのガスと共にオイルも抜けてコンプレッサーが焼き付きを起こしたという感じでしょうか。

部品交換にて修理します。

17EF640E-C500-4B17-BD32-28098E48091A

まずはコンプレッサー。

新品の約半値のリビルトパーツを利用します。

中古コンプレッサーの内部パーツを新品に交換した再生品で、中古品と違い1年間の品質保証が付いているので安心して利用でします。

53735EA6-4545-4D2F-9B1A-24FC559EC812

ガス漏れ箇所であるエキスパンションバルブも交換。

詰まりなどの故障も起きやすい箇所なので、コンプレッサー交換時等には同時交換をおすすめします。

組み付け後、ガスチャージをして修理完了です。

しっかり冷たい風が出るようになりました。絵文字



以前にも紹介したワコーズの「パワーエアコンプラス」

IMG_0734

注入するだけでエアコン故障の予防にもなります。

故障すると修理費用がかさんでしまうエアコンシステム。

年1回のメンテナンス(注入)をおすすめしています。


関連記事
トヨタ シエンタ ハンズフリーオートドア取付 (06月07日)
スズキ ラパン エアコン修理 (06月15日)
ニッサン セレナ エンジン不調修理 (06月17日)