本日 180 人 - 昨日 562 人 - 累計 113393 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00113393 人
    本日: 00180 人
    昨日: 00562 人
RSS

トヨタ ヴィッツのクラッチ交換

アクセルを踏み込んでもノロノロとしか動かなくなったヴィッツ。

入庫の時点では焦げた臭いを発している状態でした。

結構半クラッチを多用される方なので、クラッチが摩耗しきったようですね。

42F6453A-6764-47AC-BCD7-475C0133845E

なんとかリフトまで移動させてクラッチディスクの交換作業にかかります。

交換にはエンジンとミッションを分離させなければならないため、大掛かりな修理となります。

A5514D8C-DA05-4C60-9A4B-CFE7A35283DE

バッテリーなどの周辺部品を外して、ミッションの取付ボルトを取り外し。

5B1BA903-B995-42A8-A4DD-F933E690171C

エンジンとミッションが分離されました。

ミッション側を下ろして内部のクラッチディスク、クラッチカバー、ベアリングの3点を取替。

7AEAA36B-3709-4857-A08C-F20D533BDA70

外したクラッチディスク。

摩耗と焼き付きが確認出来ます。

最近はオートマが主体となりこういった作業も減りましたね。


修理完了後はスムーズな走りが戻りました。


関連記事
トヨタ アリオン タイヤ交換 (03月13日)
トヨタ ヴィッツのクラッチ交換 (03月15日)
トヨタ ライトエース オーバーヒート修理 (03月30日)