本日 149 人 - 昨日 313 人 - 累計 18968 人

塗装もITの時代へ

キズ、ヘコミ補修時の塗料はメーカーから専用の塗料が提供されているわけではなく、数種類のカラーを混ぜて調色します。

車ごとのカラーコードの調色データを使って作るんですが、最後は実車に合わせて微調整して吹き付ける色が完成します。

で、今回はこの調色データのIT化という事で塗料メーカーがデモ機を見せてくれました。

DDBCB3AB-3077-4141-B003-580BEF9A1580

この専用の機器で車の色を撮影、記録。

5CA50641-3F98-4F5A-AA90-AB2DA4F1AB86

システムを入れてあるPCにデータを送ると基本の調色データを呼び出します。

このデータは普段我々が参照しているデータと同じです。

ここからが凄い⁉︎

167C9FB5-E393-4334-802A-003303CCE17D

基本データを撮影したカラーに自動で微調整。

今回は基本データの90%から98%まで自動補正。

今まで時間をかけて”感”に頼って微調整してた事があっという間に…(o_o)

このデータを元に調色した塗料をボカシ無しで吹き付け実験します。

5E404C32-F62B-4A94-94A4-C69D61BBBFD5

後ドアのみ塗装です。

さすがに100%は無理ですがいい感じで仕上がりましたね。

ホントはボカシした方が良いのですが、ボカし無しでどこまで色が出るか試したくて…(補正値のはボカシ前提値で、メーカーはボカシ推奨)



このシステムなかなか良いですね〜絵文字



今回、実験用に車提供してくれた友人に感謝です。ありがとうございましたm(_ _)m


前向きに導入を検討しよう。


関連記事
ワゴンR ヘッドライト交換 (12月07日)
塗装もITの時代へ (12月12日)
タイヤのバーストで出動 (12月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):