本日 150 人 - 昨日 139 人 - 累計 5520 人

タイヤハウスに浮き上がってきた錆の修理

塗装の下から錆が浮き上がってボコボコ状態になったワゴンR。DSCN0211結構浮き上がってますね。これは見えていないところまで錆が広がっていそうですね。再発防止のためにはパネルをカットして交換した方が良いのですが費用もかかってしまいます。見えないところで広がってしまっている錆を最大限削り取って補修します。DSCN0219浮き上がった所を削ったら大きな穴が開いてしまいましたね。内側の鉄板まで穴が開いてしまわなかったのは幸い。DSCN0221塗装の下の錆を追っていったらだいぶ上の方まで来てしまいましたね。そして修理後に見えない錆が進行してしまわないよう、転換材と錆止めをガッツリと吹き付けた後に…DSCN0233樹脂で穴埋めをしてパテで形を整え補修完了。このあとの工程は写真を撮るのを忘れてしまったけど、キレイに塗装を施して修理完成となりました。


関連記事
バンパー交換 (08月25日)
タイヤハウスに浮き上がってきた錆の修理 (09月27日)
タッチペンでの補修 (10月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):