本日 15 人 - 昨日 132 人 - 累計 5246 人

エンジンオイル交換の話

エンジンオイルの交換。なんで5,000km毎?なんで半年毎?早くね?
IMG_0696
エンジン内部の潤滑や清浄、冷却、錆止めなど、たくさんの役割を担っているエンジンオイル。
走行距離はもちろん、時間の経過と共に性能は劣化していきます。
メーカー推奨交換時期は10,000km走行または1年毎とか言われてたりしてますが…
実際にボンネットの裏のステッカーに記載されてたりもしますよね。
では実際にはどうか。個人的には遅すぎる! ですね。
メーカー推奨交換時期は明記されてるけど、シビアコンディションの場合は7,500km走行だったり半年毎だったりします。
で、このシビアコンディションがくせ者
長距離運転だったり坂道や悪路などは分かりやすい所なんですが…
チョイ乗りが多い、たま〜にしか車を使わないなんていうのもシビアコンディションになるんです‼️
チョイ乗りが多い方はオイルが熱くならずエンジン内部の空気中の水分が蒸発できない状態に。
週末しか車を使わない方はエンジン内部に水分を含んだ空気が長期間漂っている状態に。
これによりエンジンオイルに水分がに混ざってしまうことで性能低下する原因になります。
高速を頻繁にするような高回転での運転が多い場合もシビアコンディションです。
エンジンオイルの高温状態が続くことで酸化し性能が低下してしまいまうんですね。

良く考えてみるとほとんどの車がシビアコンディションになるんじゃないでしょうかね?

そんなことで5,000kmまたは半年経過のいずれか早い方での交換をおススメしているわけなんです

とは言え「オイル汚れてないしな」「たいして乗って無いのにな」ってなる気持ちも良く分かります。

お金もかかるし…σ(^_^;)

そんな時はオイル添加剤で性能維持や性能復活の手助けをしてあげるのもアリですかね。

IMG_0699



関連記事
トルコン太郎導入 (06月20日)
エンジンオイル交換の話 (06月22日)
交換歴???のオートマオイル交換 (06月26日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):