本日 27 人 - 昨日 557 人 - 累計 99352 人
  • 記事検索

  • Counter
  • 00099352 人
    本日: 00027 人
    昨日: 00557 人
RSS
ランドクルーザーのフェンダーに浮いた錆びの修理のご依頼。

83B480BA-1BAF-4D56-87B4-3EC329D225D1

塗装の下から錆びが出てきた感じですね。

まずは塗装を削り取って錆びの広がりをチェック

54CDE32B-995D-4808-9935-80BAAE9BEFED

パテと貼り付けた鉄板が出てきました。

さび穴修復歴がありました。鉄板を貼った端(裏側)から錆びが再発したしたと思われます。

とはいえしっかりと丁寧に修復してありました。

何年かの長い年月で少しずつ錆びが進行していったのでしょう。

96D435BD-DD29-4ED8-BC48-300FA07BAA6B

貼ってあった鉄板と錆びを削り取り再度鉄板を貼り付けます。

01F6258D-CAEC-421C-881B-5B1EAB1D0A26

鉄板の裏や貼り付け際から錆びが再発しないように裏側はしっかり樹脂でコーティング。

74D1918D-4B1E-41B2-8446-DEBA205A16FF

表側はパテで形を整えて塗装で仕上げ。

E6945A82-36D1-4043-B546-4EEFAECE0F96

キレイに修復出来ました。

この修理箇所に関してはパネル裏側も直接目視も手で触れる事もでき、しっかりと防錆対策を施す事が出来ました。

ということで錆びが再発する可能性は極めて低いと思われます。

エアコンが全く効かないという事でご入庫のスペーシア。

ガスは漏れていない様ですが、コンプレッサーが作動していません。

2EF7070A-68BC-4EEF-9C7E-FBBABE12A928

という事で作業がしやすいようにバンパーを外して交換します。

24829193-B664-46CB-A458-18F3E3AC38DE

今回はリビルトパーツ(再生品)を使います。

純正新品のよりもだいぶ費用を抑える事が出来る上、内部部品は新品に交換済みで1年保証付きです。

交換後ガスチャージで修理完了!・・・のハズが何か変です。

ガスの圧力が異常に高い状態。

調べていくとラジエーターファンモーターの回転が弱い状態。

冷却不足で圧力が高くなってます。

新車購入後3年4ヶ月。ダメ元でメーカー保証を確認したらラジエーターファンモーターの保証が3年から7年に延長されていました。

60319788-3266-4062-AA8F-17F5BE25D667

右がメーカーから用意してもらったファンモーター。

ファンの形状が変わってますね。

冷却不足が原因でコンプレッサーの故障を招いた可能性もあるとしてメーカーに掛け合いましたがこちらは通らず…

エアコン修理は自費、ファンモーターはメーカー負担の修理となりました。

ヴェルファイア約8万km走行のCVTフルード(オートマオイル)の交換です。

IMG_2339

今まで無交換という事で内部洗浄用フルードにCFB、仕上げフルードにワコーズセーフティスペックを使います。

IMG_1009

この車両はミッション本体にオイルクーラーが付いているタイプですが、オイルラインのホースも出ているタイプなのでアタッチメント無しでトルコン太郎による圧送交換が可能です。

IMG_2338

1回目の交換・内部クリーニング後。

交換前に比べればキレイですが、まだ若干汚れてますね。

IMG_2340

そして2回目、仕上げのCVTF交換後です。

左が新しいフルード、右がミッション内部のフルード。

ほぼ同じ色になりましたね。ここまで完全に入れ替えることが出来るのがトルコン太郎です。

最後に適正油温時にフルードの量を調整して作業終了となりました。


今回のようにオイルレベルゲージの無い車両は、高温になったフルードの温度を下げるため数時間放置しなければいけません。

よって作業時間は丸一日お預かりさせていただくことになります。もちろん代車は無料でご用意しますよ!

エンジン冷却水がすぐになくなるとのことでご入庫のタント。

以前にオーバーヒートを起こしたこともあるとのことでチェック&修理をします。

IMG_0948

まずは水漏れチェック。ラジエーターからの漏れが確認できました。

IMG_0950

ラジエーターが乗っているフロントメンバーの損傷もあります。

フロントメンバーが縁石か何かにぶつかった事でラジエーターが損傷してしまったようですね。

IMG_0961

という事でフロントメンバーの修正後にラジエーターを交換。

費用を抑えるためにリサイクルパーツを利用しました。

これで水漏れの修理は完了ですがオーバーヒートを起こしたこともあるという事なので最終チェック。

IMG_0963

冷却ラインのエア抜きをしたにも関わらずラジエーターから連続して気泡が出てきました。

オーバーヒートの影響でエンジン内部のガスケットも損傷してしまっているようです。

このままにしているとエンジン内部に冷却水が少しずつ入り込みガソリンと一緒に燃える状態に...

結果、冷却水が減って再びオーバーヒートへとつながります。

ガスケット交換は費用が掛かるので今回はヘッドガスケットフィックス(ヘッドガスケット用漏れ防止剤)を注入。

無事漏れは止まり修理完了となりました。

当店ではご予算に応じた修理方法も提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

連休は釣り三昧。

去年とは逆の行程です。(去年の記事)
とはいえ今年は泊まりではありませんが。。。

まず初日は大石川。

977ADDFA-92D5-47C8-8777-269D6264CBE1

ドーン。出ましたイワナ39cm‼️



20cmに満たないチビヤマメの猛攻に耐えてゲットした1匹です。

お昼を挟んで夕方まで頑張るも20cmオーバーのヤマメは4匹のみ。
20cm以下は30匹位釣れたかな?サイズはともかく大漁でした。


そして二日目。

塩焼きサイズのヤマメを求めて持ち帰りの用意もして再び大石川へ。

がっ、前日とは打って変わって反応薄っ!

2時間ほどで諦めて、お土産ターゲットをヤマメからキスへチェンジ。

餌と仕掛けを買って笹川流れへ移動。海用のルアーロッド数本は常に車内に積んであります絵文字



投げても投げても反応無し。

急深のサーフだったんで波打ちぎわに投げてみたら即ヒット!

ただ型が小さいのでシーバスロッドではつまらない。

ライトタックルに持ち替えて波打ち際確変を楽しみました。

極小サイズはリリースして家族のおかず用に41匹キープ。

FBC16791-7EA1-42FD-8051-92F541542A3E

刺身は7匹しか取れなかった…

明日は唐揚げと骨せんべいです。


二日間満喫しました〜絵文字